パワートレイン制御開発

 

​- Real WorldとMBSEをどう組合せるか -

MBSEは手段のひとつである

環境負荷低減や性能向上を目的とした各種電動化、車両との統合制御、などパワートレインを取り巻く状況は変化し続けております。複雑化するシステムを効率良く開発する為の方法論として、以前よりシステムズエンジニアリングの活用が注目されてます。MILS, SILS, HILS, VILSなど、ソフトウェアの仮想空間におけるシミュレーションによるV字プロセスの左側での開発を目指す動きが活発になっております。

 

一部では、MBSEを活用した方法論が一人歩きし、必ずしも実際の開発の効率化に繋がっていない事例が散見されます。

26802355958_aa1892b288_o.jpg
25802767367_bf9d47b919_o.jpg

Real WorldとMBSEをどう組合せるか

特に今後厳格化されるRDEやOBD開発においては、MBSEに特化した制御開発では乗り切ることは不可能と思われます。Segula Technologiesでは、各社の制御開発の取り組み状況を精査分析させて頂き、MBSEのエキスパートとReal world開発の知見を組み合わせた実情に合った開発手法を提案します。

その上で、パワートレイン制御コンセプト構築、システム/サブシステムの定義、プラントモデル設計&評価、アルゴリズム設計、プロジェクト適用、フィジカル評価まで、各社のニーズに合わせて開発を支援します。

 

Segulaのグループのスペシャリストの参画による一部リモートワークを活用したオンサイト開発、オフショア開発に対応可能です。

 

また、日本の顧客先に対して、日本人スペシャリストによる円滑なコミュニケーションを実現します。

お問い合わせ

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 オーシャンゲートみなとみらい9F

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin
  • YouTube