26202331831_c5e9d2a74e_o.jpg

動性能開発・​実験・認証

ドイツでの車両・パワートレイン実験開発

自動車に関連する技術のトレンドが生まれる欧州で開発する意義は年々大きくなっております。車両性能においては、都市間の高速走行、極低温や高高度など様々な環境下での走行、環境負荷低減においては、ポストEuro6、RDE適用など、多くの要求があります。

 

一方で、各種電動化、ADAS/AD、V2X、IOT、モノからコトへのシフト、などリソースの集中と選択が必要な環境の中で、日本においても強力な組織へのアウトソースがトレンドになっております。また、エンジニアリング力の分散や新規設備投資の削減など、日本の自動車産業が直面する課題に対して、Segula Technologies Germany(旧Opel R&Dセンター)よりサポートします。

Dynamic performance.png
STG.png

2019年、Segula Groupは旧Opel社のR&Dセンターのプラットフォーム及びパワートレイン関連の開発・実験組織を統合。

・プラットフォーム及びパワートレイン関連の技術者700名

・総合テストコース(Dudenhofen PG)

・各種実験設備(Rüsselsheim R&D センター)

  エンジンテストベンチ 45基

  シャシーダイナモ 15基

  (高度(~5,000m)、極低温(-30℃~)の環境対応)

  無響室を含むNVH総合試験場

  衝突安全実験場

  台上加振耐久設備

  EMC​など​​​​​​​​​​​​​​​​

旧Opel時代には、GMの北米向け車両開発も含め、全世界向けの多くの車両及びパワートレイン開発の実績があり、自動車会社が必要な全てのの確認実験が可能となった。開発拠点はドイツ経済の中心都市であるフランクフルト近郊にあり、非常に良好なアクセスが可能です。

 

また、日本の顧客先に対して、日本人スペシャリストによる円滑なコミュニケーションを実現します。

DUD PG.png

お問い合わせ

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 オーシャンゲートみなとみらい9F

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin
  • YouTube